サコフク

THE NORTH FACE テックラウンジカーディガン レビュー

・当サイトの掲載内容は、公開時点の情報です。最新記事・過去記事に限らず公開日以降に内容が変更されている場合がありますので、ご利用前に公式の最新情報を必ずご確認下さい。 ・記事の内容については注意を払っておりますが、万一トラブルや損害が生じても責任は負いかねます。ご自身の判断のもとご利用ください。 ・当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介する場合があります。

24時間戦えるカーディガン

春先や秋口に「ちょっと寒いなー」って時や、「まだ半袖にはちょい早い」って思う事ありませんか?
ボクは基本的に寒がりで、冷房がガンガン効いたカフェや事務所が苦手なのでサラッと羽織れるアイテムを探していました。

そんなボクのニーズにピッタリのアイテム、THE NORTH FACEの「テックラウンジカーディガン」についてレビューしていきます。

テックラウンジカーディガンとは

快適性を求める機内などの移動から、旅先でのアクティブなスタイルまで。
1着で対応できるから旅が身軽になる「Tech Loungeコレクション」のカーディガンです。

(出典:https://www.goldwin.co.jp/tnf/

サイズ展開はSサイズ~XLサイズまであり、それぞれのチャートは下記のとおり。

(出典:公式ページ)

テックラウンジカーディガンの特徴は大きく3つあります。

速乾性、紫外線カットに優れた素材(Microfiber Towel)

素材は吸汗速乾性に優れ、とても柔らかい素材になっています。イメージ的には薄いマイクロファイバータオルのような感じ。
素材が柔らかいので着ていても窮屈な感じは全くしません。

また、シワになりにくく洗濯してもすばやく乾く素材になっています。
さらに、コーヒーかすが原料のエスカフェ®プリントが肌面に施してあり、においの発生を軽減してくれるので加齢臭が気になるお年頃のおじさんにもピッタリ笑

UVプロテクト(UPF50+、紫外線カット率95%以上)機能も付いており、普段使いには十分すぎるスペックです。

化繊のため頻繁に洗濯する必要はないかと思いますが、洗う時は洗濯ネットに入れて洗うと良いと思います。

主張しすぎないロゴ

近年、appleやPatagonia、newbalance等の企業がロゴマークの無い自社製品を販売し始めています。
理由はサステナブルへの配慮(一つの製品をより長く着てもらうこよで、より環境に配慮した結果につなげる狙い)があるようです(真の理由は透明性の高いブランドを目指すことのようですが)。
調査によると、ロゴが入ったシャツやコートは他の人に譲る可能性が低くなったり、部屋着として着る頻度も下がるようです。
このサステナビリティに配慮した動きがどこまで加速するのかはまだ分かりませんが、個人的にシンプルなアイテムを好んで着るため、嬉しい傾向ではあると思います。

このテックラウンジカーディガンについても、ロゴがあるにしても主張しすぎないデザインになっています。
まず、ロゴはエンボス加工を採用しており、胸と肩の部分にうっすら見える程度の色味となっています。

小さくまとまり携行に便利

携行に便利なスタッフサックが付属します。
ちょっとカバンに入れておくだけで安心できるので良いですよね。
しかもシワになりにくい素材なのでクシャっと入れるのでOKなので楽チンです。

サコログ的購入動機

シャツ1枚では肌寒い春先や秋口でのカーディガンとして

ボク、寒がりなんです。
特に春先や秋口などの社内でシャツ1枚って寒くないですか?
かといってジャケットを着るのは窮屈。
と悩んでいる方は多いんじゃないでしょうか?

だからといってニットカーディガンを着ると「昭和のおっさん事務員」に見られがち(おっさんなのは事実ですが、、、、)

また、ニットだと暑いけどシャツ1枚だと寒い時期が2週間くらいあるんです。
この2週間を乗り越えればシャツ1枚でも大丈夫になるのですが、どうもこの微妙な時期の服装が難しい。

このテックラウンジカーディガンはマイクロファイバー生地でツルツルしたテカリのある生地感なので季節を問わず着れるし、昭和のおっさん感を低減することができます。

オンオフ問わず着られるデザイン

ワードローブをなるべくすくなくしたいので、オンオフ問わず着られるデザインであることはボクのなかでも優先事項は高めです。
ビジネスの場面で採用されることの多いスリムなデザインではなく、今の流行りであるゆとりのあるシルエットであることが特徴です。
ボクが毎日着用しているNew Balance「THE CITY」とも相性が抜群です。

テックラウンジカーディガンの特徴であるフロントドットボタンやフラットシーム、ゆとりのあるシルエットでリラックス感を重視。

着用感レビュー

今回はSサイズとMサイズをそれぞれ試着してみました。
身長170センチ、体重60キロ、お腹がちょっと出てきた中年に片足突っ込んだ男性からすると、どちらもアリだなと思います。

若干タイト目に着たい方はSサイズがベスト。Sサイズであれば丈感は若干短く感じますが、袖丈は手の甲に少しかかるくらいでちょうど良い感じ。
ボタンを閉じるとすこし窮屈目にみえますが、ボタンを閉じない人であれば全く問題なし。
たた、ドットボタンがなんか破けそう。
慎重に扱うことが必要な感じです。

ゆとりのある感じでリラックスして着たい方はMサイズがピッタリ。
New Balance「THE CITY」とも絶妙なサイズ感でとても合っています。
袖丈はSサイズがジャストサイズのため、Mサイズは若干長めに感じます。
でも邪魔だなぁと思う事はなく、たるみがちょうどよい具合にできています。

プライベートで着るとこんな感じ。
着用しているのはMサイズ。ゆったりしていて寒そうには見えない。
かと言って暑そうでもないので、春先~夏前まで着られるような感じです。

さいごに

オンオフ兼用のカーディガンを探している方、おススメです!
ニット素材だと毎日着ると着用感が出てくるのは仕方ないトコですが、化繊であるので毎日ビシバシ着ても問題なさそうです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
それでは、また!

そのほかにお勧めのカーディガン

テックラウンジカーディガンも十分にミニマルだけど、さらにミニマリストな方にはミニマリストしぶさん監修の「less is」の小さく畳めるカーディガンがおススメ!
ロゴはもちろんなし。内ポケットがあり最低限の荷物は収納が可能。
まさにless is more。