サココウ

オシャレは内面を映し出す鏡〜サコログ的ミニマルアイデア026〜

自分の深層心理

テレビでふと流れていたおしゃれクリップのオープニングで流れたセリフに釘付けに。

これまでファッションは「自分を表現するもの」「他人に見られるもの」くらいは意識していたけど、内面を映し出すってのは新鮮だった。

そしてなぜか深く納得した。

例えばミニマリストであればベーシックな服装が多い。

これは楽チンだし、普遍的な格好で長く着られるっていう理由の方が多いと思う。

ここからもう一段階深掘りをしてみると

「目立ちたくない」「集中するべきことが他にある」

といった内面の考えが浮かんでくる。

一方でブランドで固めたオシャレさんの内面は

「自信家」「他人に影響を与えたい」

といった内面が見え隠れする。

そこで自分のオシャレの内面はどうなんだろうか。

たとえば仕事着は感動セットアップにストレートチップだ。

この内面は

「キッチリ見られたいけど親近感をだしたい」

といった所だろうか(だいぶポジティブに解釈してるけどww)。

あと、自分の内面の状態によっても好みの服装って変わってくる気がする。

昔はブランドブランドって感じだったけど、ミニマリズムの考えを知って服装が変わった気がする。

今の自分の服装から今の自分の気持ちを考えてみることで、日々の過ごし方の改善策が見つかる気がする。

最後までご覧いただきありがとうございました。
それでは、また!!