サココウ

ミニマルスタイルなコーディネート術

寒ければ着て、暑ければ脱ぐ

ボクはプライベートは基本的に登山スタイルの服装をカジュアルに着崩す事をテーマとしています。

なぜかというと、持っている服のトータル枚数がより少ない服装で年中着回す事ができるから。

春用、夏用、秋冬用など季節毎にワードローブを作ってしまうとどうしても服の枚数が多くなりがち。

ボクはどうしても服の枚数を減らしたいんです。
その理由は単純。

より少ない持ち物である方が自分の気分が上がるから。

季節毎に服装を選ぶより、自分の一番好きを年中着続ける。

この感覚は一度体験してみないと分からないですよ?

だからボクは春〜冬までオールシーズン使える服を選んでいます。

ミニマルなワードローブには欠かせないスタイルです。

登山服の基本のキ「レイヤリング」

レイヤリングとは、いわゆる「重ね着」の事です。

山では急な雨だったり、強風にさらされたり、夏でも寒かったり等、あらゆる気候の変化に対応する必要があります。

なので登山時の服装は、季節によって服を変えるというより、重ね着をして体温の調節を行えるようにするのが基本です。

これは登山だけでなく普段の服装にも通じる事と思います。

寒かったら着て、暑かったら脱ぐ。

当たり前のことですね(笑)

登山時のレイヤリングパターン

レイヤー(出典:モンベル公式サイト)

ベースレイヤー

いわゆる「肌着」ですね。
登山では汗で身体を冷やさないよう、乾きやすい化繊素材のものを選ぶのが基本です。

ミドルレイヤー

字の如く、「中間着」です。
ミドルレイヤーで重要なのは保温性、軽さです。外部の環境に応じて温度調節をします。
素材はフリースなどが有名です。

アウターレイヤー

いわゆる「アウター」。
いちばん外に着るジャケットです。
素材は雨、防寒・防風対策ができるゴアテックスが有名ですね。

ボクは上記3種類を組み合わせる事により、季節に応じた服装をしています。

サコログ的レイヤリング例

ボクはトータル5種類の服装を持っており、基本的にはこの服装で日常を過ごします。

ベースレイヤー

・ユニクロ エアリズム VネックT

・ユニクロ クルーネックT(半袖)

ミドルレイヤー

・HOUDINI Outright Jacket

アウターレイヤー

・HOUDINI Ms BFF Jacket

気になった方は着用感レビューもチェック!

HOUDINI MS BFF Jacket レビュー ありがとう、ありがとう ベストフレンド そんな、kiroroな歌詞みたいなジャケットがHOUDINIの「BFF Jac...

・HOUDINI Ms Fall in Parka

HOUDINI Fall in Parka 着用感レビュー「サコログさんのその服って、織田裕二みたいですよね。」 やはり言われてしまいました。 まぁ自分でもそう思うし悪い気はしないので別に良...

季節ごとにこんなレイヤリングで着まわしています。

梅雨
ベースレイヤー エアリズム エアリズム
クルーネックT
エアリズム
クルーネックT
エアリズム エアリズム
ミドルレイヤー Outright Jacket Outright Jacket Outright Jacket
アウターレイヤー BFF Jacket BFF Jacket BFF Jacket
(雨天時)
BFF Jacket Fall in Parka

 

春、梅雨、秋は、肌寒い時はOutright Jacket、雨天時にはBFF Jacketなど、使い分けたりもできます。

エアリズムは仕事の時に着るシャツの肌着としても活用しています。
要するに毎日エアリズム着てます(笑)

他にnew balance THE CITYのセットアップ、パーカーも持っていますが、それらはプライベートではちょっとキレイ目な格好でお出かけしたい時用。

基本的には上記のレイヤリングで着まわしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

より少ないモノで自分のスタイルを表現したい方は、レイヤリングがかなりオススメです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは、また!